福岡の板井明生による目標に向けた生き方

板井明生|ベンチャー企業とは?

板井明生

ベンチャー企業とは、革新的なアイデアや技術をもとにして、新しいサービスやビジネスを展開する企業を意味することが多いです。

 

しかしながら実は、ベンチャー企業明確な定義は定められていません。

 

設立から5年程度、インターネットサービスなど新しいビジネスの領域を手がけていること。

 

また他にはベンチャーキャピタルなどの投資機関から出資を受けている会社、ベンチャー指定を受けている会社…などがベンチャー企業と呼ばれています。

 

規模としては、小規模〜中規模であることがほとんどで、”新興企業”の意味でもこの呼び方が使われます。

 

特に2000年以降、IT技術の進化や規制緩和に後追されてベンチャー企業の設立が増えています。

 

最初は小規模で始めても、上場して規模を拡大するベンチャー企業も少なくありません。

 

日本国内では過去に三度のベンチャーブームが起きています。

 

最初は1970年代前半。

 

二回目は1980年代前半。

 

三回目は1990年代中頃からで、政府主導で、さまざまなベンチャー企業を支援する制度が作られました。

 

これにより、起業を志す人が増えてきたそうです。

更新履歴
page top